BLOG

ショップブログ

DATE : 2019/01/13

AUTHOR : meme mori

まだまだアウターは必要です!

こんにちは!
いやぁ~今の時期は何を買おうか迷っちゃいますねぇ。「これ可愛いけど…もうアウターっていらない?いや、まだ寒いか…?」とかって結構悩んじゃうんですよね。
多分皆さんも同じだと思うんです。オンラインショップではバッグやキャップ、ポーチのような小物類がすごく売れているんですよね。
通年使えるアイテムを今買っておくのが良さそうです。春まで使えるパーカーとかスウェット類も今よく売れてますね!




とは言ったけど、これは個人的なオススメとして紹介させてください!

0110

Supreme 2014AW Quilted Satin Bomber Jacket
※画像をクリックすると商品ページへ移動します。


パッと見てSupremeって分かりにくいんですけど、だからこそ着てほしい。
お客様で着られてるのを一度見てから「なんだあれ!欲しい!」と約2年探していました。このカラーリングの他にブラック×グリーンもあって、それは何度か入荷したんです。でも欲しいのはこのカラーリングだったのでずっと我慢していました。
そして!!1か月前くらいですかね、まさかの入荷が…!すみません、皆さんにご紹介する前に買っちゃいました!

IMG_7825

これでMサイズです。いや~めちゃくちゃ良い!諦めかけていたので実に嬉しい!
Supremeのキャップと合わせても、しつこくならずさらっと着れちゃうのが嬉しいところ。

店長に「あれ着てるん?」って聞かれるんですけど、「着てません!」(笑)
というのもサテン地で傷が入りやすかったりするので大切に置いてるんです。雑に着ると有名な私が着るのを躊躇っている!(笑)
もう見つからないかもしれないから…と思って保管していたら、その後まさかの再入荷でした!何!このタイミング!

0116

実は再入荷した方もこんな風にちょっと引っ掻き傷が入っちゃってるんです。でも!本当に綺麗な状態です!
私が買った方は「綺麗っちゃ綺麗だけど…まぁまぁ着てるなぁ…仕方ないなぁ…」といったレベル。
正直今回入荷したのを見て「こんな綺麗な状態のは見たことない!」と思いました。これは実際に買ったら着用する方が多いので、綺麗な状態で残っているのはほとんどありません!
何度か入荷したカラー違いのも「綺麗」とは言い難いくらいの状態でした。それでもやっぱりすぐに旅立っていく…。意外とファンが多いんです、このジャケット。

0111

一番に目がいくのはやっぱりこのバラの刺繍ですよね。もっとアップの写真を撮っておくべきでした…。かなり繊細な刺繍でとても綺麗です。
背中部分には刺繍やロゴは無し。一番のポイントとなるのがやはりこのバラです。
絶妙な大きさと色なので男性でもこのバラだけが浮くことなく、すんなりと馴染みます。

着てみると結構暖かいので冬の今でももちろん着れますし、春先でも着れるのでアウターですけど今買っても全然遅くないです!
あぁ~着たいなぁ。明日着ようかな!

 


すっかり長くなっちゃった(笑)
もう一着これはいいね!とスタッフみんなで言ったのがあるのでそれも紹介させてください!

0080

Supreme 2014AW Reversible Puffy Jacket
※画像をクリックすると商品ページへ移動します。


モデル名にあるようにリバーシブルになっているこのダウンジャケット。これを裏返すと…。

0083

こんな感じ!どちらの面もフロントにはロゴがなく、シンプルなデザインです。
襟部分にフードが収納されているのでその日の気分でちょっとした変化を加えられます。
これは見た瞬間「え、これ良くない?」「これいいっすね。欲しいっすね」とみんな言ってた。シンプルなんだけど、ロゴのバランスとかすごく良い。ブラックとレッドっていうカラーリングだけど、そんな子供っぽくならずに着れるのでオススメ!

ダウンなのでもちろん防寒性には優れていますし、軽いのでストレスなく着れるのが良いですよね!これは今後入荷がかなり少なそうなので絶対にこの機会に買っておくべきです!

サイズはXLですけど、わりとコンパクトな作りになってます。最近のはどんどんデカくなってますからね。XLっていうサイズを見ただけで諦める人も多いんじゃないかな?
Lサイズを普段着用している人は全然問題なく着れます!




毎日バンバン入荷してきているので、このご紹介が間に合わないんですけどできるだけ「お!これは!」というものが入荷したらコチラでご紹介していきますね!

今回も最後まで読んだよ~という方は下にある「いいね」ボタンをポチッとしてね!

それではまた次回お会いしましょう!バイバイッ!

.

#TAG : supreme /

meme mori
AUTHOR : meme mori

meme mori